MENU
キャッシーどこよりもキャッシュバックがもらえるサイト

スマホの月額料金節約!費用の抑え方、さらにお得になる方法解説!

ガラケーの時代からスマートフォンの時代に移り変わり、多くの人がスマホを持つようになりました。電話やメールだけではなくLINEやインターネット接続など、スマホの使用シーンは多岐に渡りますね。それだけに月々の利用料金が高いと悩む人も増えています。

今回はそんなお悩みを解消するべく、月額料金の節約術を紹介します!

 

大手キャリアのスマホは何故高いのか?

MMD研究所の「2017年携帯電話の利用料金に関する調査」によると、大手3大キャリアのスマホユーザーの月額利用料は平均7,876円とされています。一方でフィーチャーホン(ガラケー)は平均3,071円、格安SIMだと平均2,957円と、かなり差があるようですね。

キャリアと格安SIMの差分は平均4,919円もあり、多くのキャリアユーザーはスマホにかかる費用を高いと感じているようです。

なぜキャリアスマホの料金は高いのでしょうか? 端末代と月額料金別に見ていきましょう。

 

端末費用

高価格な端末ほど性能が良く、動きがスムーズでストレスなく使用できます。高価格なスマホは品質が保証されているというのが基本ですが、中にはスペックはあまり高くないのに高価格に設定されているものもあるようです。

その点を見極めるには性能に関する知識が必要となります。知識がある場合は選択肢から除外できても、あまり知識がないとショップで勧められるままに契約してしまったというケースも発生してしまいがちなので、注意が必要ですね。

 

月額利用料

月額利用料には以下のようなものが含まれます。
・通話料
・データ通信料
・オプション費用

大手キャリアの一例を紹介すると、税込で以下のような内訳になります。
・基本通話料 … 1,836円
・インターネット通信料 … 5,400円(5GBの場合)
・インターネット接続オプション料 … 324円
こちらは通話+インターネット利用を前提としたプランで、他にも多くのオプションを搭載すればさらに費用が発生します。通信料も5GBでは足りない場合は、さらに高額なデータプランに加入することになるでしょう。

 

節約術1:格安SIMで費用を抑える!

キャリアのスマホに比べるとかなり費用が抑えられる格安SIM。スマホの料金が安くなる手段として知っていても、詳しい仕組みまでは知らないという人もいるのではないでしょうか。まずは簡単に格安SIMの仕組みについて説明させていただきます。

 

格安SIMとは?

「SIMカード」と呼ばれるICカードを使用して低価格のインターネット・通話を行うサービス。モバイル回線を使用してインターネット・通話をするにはSIMカードが必須となります。

大手3大キャリアのスマホには最初からSIMカードが入っていますが、現在ではさまざまな企業がSIMカードを使ったネット・通話サービスを行っています。格安SIMを提供している企業や事業者をMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)と呼び、省略してMVNOと呼ばれています。

 

格安SIMはなぜ安い?

格安SIMを提供している企業や事業者は自社回線を持たず、他社のネット・通話回線を借りてサービスを行っています。docomoやauといった大手キャリアから回線を借りて格安サービスを提供しているので、月々の費用を安く抑えられる仕組みになっているのです。

回線は大手キャリアから借りているため、基本的に通話やインターネットの品質自体は変わりません。ただし場合によっては夕方などの時間帯に接続が悪くなくケースもあるので、その点は留意しておきましょう。インターネットや通話が楽しめる音声通話SIMと、インターネットのみのデータ専用SIMの二種類があります。

 

格安SIMのメリットとデメリット

かなりの費用を抑えられる格安SIMですが、メリットとデメリットが存在します。

まずメリットとしては安いこと、それから最低利用期間が短いことが挙げられます。3大キャリアの場合は通称「2年縛り」という契約がありますが、格安SIMの最低利用期間は1年程度に抑えられています。今まで使っていた電話番号はそのまま格安SIMに乗り換えることもできるナンバーポータビリティ(MNP)も行えるので、新たに電話番号を取得する必要もありません。

一方デメリットとしては、まず実店舗が少ないので電話やインターネットを通してのサポートがほとんどになります。またApple社以外の製品は携帯電話会社からの端末保証がなくなるので、注意が必要ですね。さらに初期設定は全部自分でやらなければならない点や、キャリアメールが使用できなくなるといった点もデメリットとして挙げられています。

キャリアのスマホと格安SIMを比較すると、月額平均の差分は約4,919円になると説明しました。スマホの節約術として考えると真っ先に挙げられるのが、この格安SIMという手段ではないでしょうか。

 

節約術2:Wi-Fiやモバイルルーターを活用する!

約術として魅力的な格安SIMですがメリットとデメリットの両方があるので、あくまでキャリアのスマホを使用したまま節約したいと考える人もいるのではないでしょうか。そんな時の節約術としてWi-Fiやモバイルルーターを駆使するという手段があります。

それというのもWi-Fiでインターネット接続をする場合は通信量がカウントされないので、通信にかかる費用が抑えられるようになるからです。上記項目で挙げた例で「通信費(5GB)… 5,400円」と記しましたが、これはWi-Fiを使用せずLTEなどでインターネットに接続すると仮定した場合のプランです。

上記で例に出したメーカーだとさらに小さいデータパックプランがあり、その場合の通信費は税込で3,780円(2GB)となります。そうするとスマホの月額使用料は5,940円まで抑えられますね。

またauからはデータ利用量に応じて定額料が変動する「ピタットプラン」も提供されています。こちらはもっとも安い1GBまでの使用で、月々の料金を2,138円(税込)まで抑えられます。その場合だと4,298円まで月々のスマホにかかる費用を抑えられるようになりますね。

格安SIMと比べると割高ではありますがキャリアスマホの信用度や使い勝手の良さ、いざという時のサポートや保証を必要経費として考えるとまずまずの数字ではないでしょうか。
一方でWi-Fiに挙げられるデメリットとしては以下のようなものがあります。
・障害物があると通信が途切れてしまうことがある
・スマホでWi-Fiテザリングを行うとバッテリーの減りが速くなってしまう

これらのデメリットをカバーするための手段として、モバイルWi-Fiルーターの使用をオススメします。モバイルWi-Fiルーターはバッテリーを内蔵した小型の無線LANルーターなので、外出先であってもインターネット接続やデータ通信が快適に行えるようになるでしょう。

またバッテリーを内蔵しているのでスマホのバッテリーを消耗することがなく、スマホでテザリングを行うよりも長時間継続して使用できるようになりますよ。

 

節約術3:乗り換えサービスでキャッシュバックを受け取り、費用を回収する!

スマホや携帯電話の乗り換えや機種変更を考えた場合、機種変更よりも電話番号はそのままで別の事業者と契約を行う乗り換え(MNP)の方が圧倒的にお得といえます。格安SIMの紹介でも少し触れさせていただきましたが、MNPのメリットは電話番号がそのまま引き継げるというだけではありません。

携帯電話やスマホを変更する際に機種変更ではなく乗り換えを行うことで、数万円程度のキャッシュバックが受け取れるようになるのをご存知でしょうか。キャッシュバックを受け取ることでスマホにかかる費用の何割かを回収できるようになりますね。

キャンペーン期間のみキャッシュバックを行っているメーカーもあれば、年間を通してキャッシュバックが受け取れるようになっているメーカーもあります。

たとえばSoftbankの携帯・スマホにMNPを行う場合であれば、いつでもキャッシュバックが受け取れます。ただしSoftbankの携帯・スマホへの乗り換えでキャッシュバックを受け取る場合は、インターネット上の販売代理店から申し込みを行う必要があります。実店舗の代理店ではキャッシュバックを行えないので注意が必要ですね。

またインターネット上にはたくさんの代理店がありますが、中には悪質なサイトも存在するので優良な代理店とそうでない代理店とを見極める必要があります。見極めの判断はなかなか難しいところなので、ご自身で判断するよりも専門家に判断を任せるという方法も選択肢として存在します。

当サイトでもお客様一人ひとりによって違うニーズに合わせ、安心してキャッシュバックを受け取れる代理店を紹介しておりますので、気になる方はお気軽に無料相談してくださいね。
キャッシュバックの無料相談はこちらから

 

まとめ

スマホの料金を節約したい時の手段として、まずは格安SIMが思い浮かびます。格安SIMにはBIGLOBEやOCNといった大手プロバイダーや、イオンや楽天といった知名度の高い企業も参入しています。

注目度の高い格安SIMですが、誰もが向いているというわけでもありません。

以下のような特徴がある人にはキャリアスマホの方が向いていると言えます。
・キャリアメールやキャリアサービスをよく使う人
・サポートや保証を重視する人
・仕事などでよくスマホを使うので、常に安定した通信を希望する人

端的に言ってしまえばスマホでよく電話をする人や、スマホでインターネットをよく見るというようなヘビーユーザーにとっては格安SIMよりキャリアスマホの方が向いていると言えるでしょう。

その場合でもWi-Fiやモバイルルーターを活用することで通信量を減らし、費用を抑えられる節約術があります。さらにMNPのキャッシュバックを受け取ることで結構な額の費用回収が行えます。

キャリアスマホでも格安SIMでも、今よりも費用を抑える手段はあります。とはいえネット上にはさまざまな情報が氾濫しており、情報の真偽や優良代理店の見極めが難しい状況でもありますので、ぜひ我々専門家にお気軽にご相談ください。

当サイトではスマホのみならずモバイルルーターのキャッシュバックについての情報もお届けしておりますので、一人ひとりの要望に合った形での節約術をご紹介させていただきます!

シェアはこちらから

カテゴリ

人気記事

タグ