MENU
キャッシーどこよりもキャッシュバックがもらえるサイト

年末年始、動画配信サービス、ネット動画を快適に見るための方法

タブレットを見る家族

今年も残りわずか、年末年始は動画を見て過ごす!

今年も残すところ、残りわずかになってきました。この時期になると、年末年始の予定を検討している方も多いのではないでしょうか?中には、既に決まっている方もいることでしょう。今回は、年末年始には、動画配信サービスでネット動画を見て過ごしたいという方のために、各種動画配信サービスの内容から、快適にネット動画を見るための方法について詳しくご紹介していきます。

 

動画配信サービスの種類について

動画配信サービスは、映画やアニメ、ドラマなどの動画コンテンツを配信しているサービスのことですが、一口に動画配信サービスといっても、その種類は豊富で、主要なものでも10を超えます。配信される動画も、洋画、邦画やバラエティ、国内外のドラマやTV、アニメなどさまざまな種類を配信しているサービスもあれば、スポーツやアニメ、テレビ局など特定の動画のみを配信するサービスもあります。料金体系に関しても、月額料金が固定で、すきなだけ見放題の「定額見放題型」と見たい動画を視聴の度に料金を支払う「追加課金型」、通常は定額で見放題ですが、新作や特定の作品を別途支払う体型の「定額・追加課金型」の3種類が存在します。

また、GYAO!のように、限られた動画ではありますが、会員登録不要な上に、無料で観られる動画配信サービスも存在しています。

 

動画配信サービスと月額料金一覧

主な動画配信サービスと月額料金と配信本数は以下のようになっています。

名称 月額料金 料金体系 配信本数
U-NEXT 1,990円 定額+課金 120,000
ビデオマーケット 500円 定額+課金 170,000
dTV 500円 定額+課金 120,000
プレミアムGYAO! 800円 定額+課金 100,000
auビデオパス 562円 定額+課金 10,000
TUTAYA 2,417円 定額+課金 49,752
hulu 933円 定額 20,000
Amazonプライムビデオ 325円 定額+課金 2,000
DMM.com見放題chライト 540円 定額+課金 10,000
Netflix 650円 定額+課金 2,000
Rakuten TV(楽天TV 1,990円 定額+課金 40,000
ニコニコ動画(プレミアム会員) 500円 定額+課金
アクトビラ 0円 課金 82,000
クランクイン!ビデオ 900円 定額+課金 7,000
DAZN 1,750円 定額
スポナビライブ 980円 定額
観劇三昧 980円 定額 300
dアニメストア 400円 定額 2,300
アニメ放題 400円 定額 1,200
東映アニメオンデマンド 950円 定額+課金
バンダイチャンネル 1,080円 定額+課金 3,005
FODプレミアム 888円 定額+課金 10,000
日テレオンデマンド 1,000円 定額+課金
NHKオンデマンド 900円 定額+課金
テレビ東京ビジネスオンデマンド 500円 定額

 

ご覧の通り、ビデオマーケットやdTVは配信本数が多い割に、月額料金は500円とかなりお得になっています。いろいろな動画を楽しみたいという方にはおすすめですね。月額料金を抑えたいという方には、Amazonプライムビデオがオススメです。年会費が3,900円となりますので、1ヶ月あたりは325円と定額見放題の料金体系では最も安い金額となっています。その他にも、DAZN、スポナビライブのように、スポーツ専用の動画配信を行うサービスもありますし、dアニメストア、アニメ放題、東映アニメオンデマンドなどのようなアニメ専用FODプレミアム、日テレオンデマンド、テレビ東京ビジネスオンデマンドのように、各テレビ局が自局のTVドラマやニュース、バラエティを配信しているものもあります。

 

推奨の通信速度について

動画配信サービスで動画を楽しむ上で気になるのが、映像がスムーズに再生されるかどうかではないでしょうか?そこで確認する必要があるのは、下記の2点になります。1点目は、動画の画質です。2点目は、動画再生を行う際の通信速度です。動画の画質にこだわり、きれいな映像を見たいという方は、画質が高い動画を再生することでしょう。しかし、高画質の動画をスムーズに再生するには、通信環境も整っている必要があり、通信速度が速い環境でないと思ったように再生されないということになりかなません。逆に、画質は気にしないという方であれば、インターネットの速度も気にする必要が減ることでしょう。

動画の画質について

動画配信サービスの画質は、下記の4つがあり、SD画質は、DVD相当の画質になっています。HD画質は、ハイビジョン画質と同等です。フルHD画質はBlue-ray相当とフルHD画質があれば、問題なくきれいな映像で見れるでしょう。さらに、高画質なものに4K相当のUHD画質があります。
SD画質 DVD相当
HD画質 ハイビジョン
フルHD画質 Blue-ray相当
UHD画質 4K相当

 

画質によって、再生時の推奨速度が異なり、SD画質の動画は、1Mbps程度~2Mbpsの推奨が多いですが、中には5Mbpsを推奨速度としているサービスもありました。HD画質の動画は、5Mbps程度が多いようです。フルHD画質の動画に関しては、おおよそ10Mbpsとなり、やはり高画質になるほど、高い回線速度を要求されます。

この推奨速度は、下り(ダウンロード)の速度になります。インターネットの通信速度を計測するサービスは、googleとMeasurement Lab(M-Lab)が提携してテストを実施している他、USENやBIGLOBE、動画配信サービスのNetflixも提供していますので、「インターネット速度テスト」で検索をして、ご自身の利用されているインターネット回線の速度を事前にチェックし、推奨されている速度が出ているか確認しておきましょう。

 

年末年始に快適にネット動画を見るために回線の乗り換えを!

いかがでしたか?今回は、年末年始に動画配信サービスでネット動画を楽しむために、動画配信サービスの種類や画質について、さらに推奨されるインターネット回線の速度について解説してまいりました。ご自身のネット速度が推奨速度に満たない場合は、インターネット回線の乗り換えを検討するのが良いでしょう。ご自身のネット回線がADSLの場合は、光回線に乗り換えを行う、光回線の場合は、プロバイダを乗り換えることで速度が改善したといったケースもあるので、専門家に確認してみましょう。また、乗り換える際にキャッシュバックキャンペーンを行っている代理店も多く、年末年始は、キャッシュバック額が増額になっていることもあります。

ネットの速度もお気軽にご相談下さい。乗り換えによる、キャッシュバックももらって、速度もアップと一石二鳥!

シェアはこちらから

カテゴリ

人気記事

タグ