MENU
キャッシーどこよりもキャッシュバックがもらえるサイト

あなたのネット回線速度は平均以下!?乗り換えでスピードUP!?

チェックする人

インターネットの速度が遅くて、動画やゲームが固まったりした事はありませんか?そんな時、固まらずサクサクゲームや動画を楽しみたい!と思ってしまいますよね。そんな方の為に、今回は現状の速度測定の方法やインターネットの速度をどうすれば改善できるか、調べてみました。

 

速度が遅い?そんな時は、通信速度を調べてみよう!

インターネットの速度が遅くて、動画が固まったりする事は、ありませんでしたか?まずインターネット速度が遅い場合、現状どのくらいの速度が出ているのか調べてみるとよいでしょう。

 

判定結果

速度判定が出来るサイトはコチラ:https://fast.com/ja/

例えば、現在が私が使用している回線は、どのくらいの速度なのか調べてみると『27Mbps』の結果となりました。Mbps(メガビーピーエス)とは、インターネットの速度を表す単位で、1秒当たりの送信可能なデータ量を表します。数値が大きくなるほど速度が速くなります。フレッツ光はパソコンの送受信速度、最大1Gbps(ギガビット毎秒)と公式サイトに表示されていますが、これをMbpsに変換すると、約1,024Mbpsとなります。その他にもインターネットの通信速度では、データを送信する速度の“上り”、データを受信する“下り”が存在します。

◎上り…メールの送信、画像の投稿など

◎下り…メールの受信、動画の視聴など

今回紹介した速度判定は、現状の速度を測定してくれるので、もっと詳しく知りたい方は、上りや下りの速度が測れる速度判定を使うと、もっと詳しく知ることができます。

 

速度表

出典:http://support.biglobe.ne.jp/

では、どのくらいの速度であればインターネットを快適に利用できるかというと、上記の画像を見て分かるように、約10~30 Mbpsがインターネットで動画やゲームを十分に楽しめる速度のようですね。約10 Mbps以下になると、どうやら動画やゲームは難しいようですが、サイトの閲覧には問題ない速さのようです。上記で述べた測定で、速度が約10 Mbps以下の場合、今からご紹介する方法で改善する可能性があります。

 

1度、プロバイダーを変更してみる。

プロバイダーを変えただけ、速度が改善されるの?と思う方もいるとおもいますが、実はネット上でも“プロバイダーを変えて速度が速くなった!”という書き込みもあるのです。プロバイダーを変更するには、自分の好きなプロバイダーを選び、サイトから申し込むだけなので、簡単に変更することができます。
この時、更新月以外の解約で違約金が発生するプロバイダーもあるので、注意しましょう。解約金で、何万もかかるプロバイダーもあるので、解約する前に解約金がどのくらいかかるのか調べておいた方が、安心かもしれません。もし、解約金がかかってしまう場合、代理店経由でプロバイダーを変えると、解約金がかからず乗り換えができる可能性もあります。できるだけ自分にメリットのある方法で変更した方が、負担が少なくプロバイダーの変更がおこなえます。

>>無料コンセルジュで代理店を探してみる

 

プロバイダーを変えてもダメなら、ネット回線を変えてみる。

インターネット

まれにプロバイダーに問題なく、ネット回線自体に問題がある場合もあります。プロバイダーを変更しても、速度が変わらない場合、現在利用しているネット回線自体を変更するしかありません。しかし、現在のネット回線を変更する場合、解約金や工事費用の残債に加え、新しく繋げるネット回線の初期費用、開通工事費用の請求がいっぺんにきてしまうので、かなりの負担になってしまいます。
その場合は、公式ホームぺージの乗り換えキャンペーン代理店の乗り換えキャンペーンを利用すると負担が少なく、新しい回線へ変更ができます。安定している回線としては「フレッツ光」、「auひかり」、「NURO光」の3つの光回線があります。

 

【フレッツ光】

フレッツ光は、サービスの提供地域の広さが特徴です。田舎から都会まで全国各地で一定の品質で提供されています。旧電電公社として全国で電話回線を提供してため、安心感と信頼性は他者に比べるとトップであるといえます。通信速度は上り下り最大1Gbpsとなっています。

◎提供サービス

ネットサービス、テレビサービス(フレッツTV、ひかりTV)、電話サービス(ひかいり電話)

◎料金(別途プロバイダー料金)

東日本戸建:    通常5,700円~、割引後4,600円~

東日本マンション: 通常3,350円~、割引後2,950円~

西日本戸建:    通常5,400円~、割引後3,810円~

西日本マンション: 通常3,700円~、割引後3,420円~

>>詳しい料金はコチラ

【auひかり】

auひかりは、KDDIが光回線を利用して提供しているサービスの一つです。ネット回線と電話サービスの利用に加えau携帯をセットで利用すると、auスマートバリューの適用となり、契約の台数に応じて月934円~2,000円の割引が携帯料金に適用されます。通信速度は上り下り最大1Gbpsとなっています。

◎サービス

ネットサービス、電話サービス(auひかり電話)、テレビサービス(auひかりテレビサービス)

◎料金(プロバイダー込み)

戸建通常:6,300円、割引後5,100円~

マンション通常:3,500円~5,100円、割引後3,400円~5,000円

>>詳しい料金はコチラ

【NURO光】

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している光回線サービスです。サービス提供エリアが関東1都6県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)なので、知名度は全国では低いですが、サービスエリアでは、人気の光回線です。NURO光は4つのタイプに分かれていて、それぞれ条件によってサービスも変わってきます。また、softbankのサービス“おうち割“も適用ができます。

①    戸建・5階建てまでのマンションが対象の「NURO光」

→下り最大2Gbps、上り最大1Gbps

②    5回建て以上のマンション向けの「NURO光forマンション」

→下り最大2Gbps、上り最大1Gbps

③    『NURO光 10G』

→下り速度が最大10Gbps

④    『NURO Biz』

→ビジネス向けのサービス

◎ネットサービス、電話サービス

ホームゲートウェイに標準装備されている無線LAN、無料でセキュルティサービスも付いています。

◎料金(プロバイダー込み)

※戸建・マンション同料金

NURO 光G2V  月額\4,743(解約金ありコース)

NURO 光G2   月額\7,124(解約金なしコース)

 

以上が大手3社の光回線となっています。その中でも、速度ではNURO光が1番早く料金もお手頃な価格となっています。関東1都6県限定以外では利用できないのが難点ですが、エリア内であれば、NURO光の契約をオススメします。

 

可能であれば、マンションタイプから、戸建タイプに変更してみる!

家

もし、今マンションタイプを利用していて、速度が遅い時は、戸建タイプに変更してみると、速度の改善がみられる可能性があります。戸建タイプは電柱から光配線を直接部屋に引き込む為、マンションタイプより安定してインターネットを楽しむことができるのです。
しかし、通常のマンションタイプより、料金が上がってしまうため速度重視の方ならオススメの方法ですが、料金重視の方であれば、あまりメリットが無いといえます。また、部屋に光回線の引き込み工事が必要になるので、賃貸の場合、管理会社又は大家さんの許可が必要となります。手間と料金がかかるのが難点ですね。

 

困ったら、無料コンシェルジュに相談してみよう!

このようにネット回線やプロバイダーやネット回線自体を変更してみると速度が変わる可能性があります。もし、解約金など気になる場合は無料のコンシェルジュに相談してみてはいかがでしょうか?ネット回線をお得に乗り換えできるように、さまざまな角度からアドバイスやあなたにピッタリな代理店のご紹介もしています。ネットで困ったことがあれば、無料のコンシェルジュにぜひご相談ください。

 

 

コンシェルジュ無料相談はこちら

シェアはこちらから

カテゴリ

人気記事

タグ