MENU
キャッシーどこよりもキャッシュバックがもらえるサイト

解約したら大出費!?確認すべきインターネット回線の注意点とは?

考え込む男性

インターネット回線を解約したら、びっくりするほど費用がかかったりした経験はありませんか?自分のインターネットの契約年数や更新月を把握しておくと解約金が発生せずに、新しい回線に乗り換えができます。今回は自分がどのタイミングで解約すれば、お得に解約・乗り換えできるのか調べてみました。

 

そもそもインターネットの解約金ってなに?

現在契約しているインターネット回線を辞める時に発生するのが「解約金」です。また、工事費を分割で払っていると「解約金」の他に「工事費の残債」が発生します。インターネットを契約すると、回線の利用開始月が「更新月」となります。
開始月の翌月が「更新月」のインターネット回線もあるので、一度自分の契約している回線の更新月を問い合わせてみるとよいですね。では、解約金がかからないで、解約できる月はいつか例題で考えてみましょう。

 

  • 利用開始月が「更新月」
  • インターネット回線の契約年数が2年(契約は自動更新)さ
  • 更新月以外に解約すると9,800円かかる。

 

以上の3点を踏まえて、考えてみると、回線の利用開始月が2017年2月であれば、2019年の2月が「更新月」となり、解約金が発生せずにインターネット回線の解約ができるのです。この「更新月」内に解約することが、無駄な出費を抑えるポイントになります。

 

>>更新月に解約できない場合は、コンシェルジュに無料相談!

解約金を抑える方法や実質0円になる裏ワザが適用できるかも?

 

乗り換え、転用って何?どう違うの?

考える人

現在の回線を解約して、新しい回線を契約することを「乗り換え」と言います。 例えば、フレッツ光からau光やNURO光に変更すると「乗り換え」になります。また、フレッツ光から、光コラボレーションに変更する場合は「転用」と言います。「転用」の場合は新規の開通工事を行わず、インターネット回線を光コラボレーションに変更することができます。
転用の場合、解約金はかかりません。しかも、フレッツ光から光コラボレーションの事業者を通して契約(転用)することで、フレッツ光を直接契約するよりも、料金が安くなることがほとんどです。回線自体はNTTの光回線なので、速度も変わることがありません。それに加え、光コラボ独自のサービスや特典が利用できるようになるので、ますます快適にインターネットを楽しむことができます。

 

その中でも『Drive光』がおすすめ!

フレッツ光からDrive光に転用すると「定額制プラン」と「通信量制プラン」の2つのコースが選べます。通信量制プランのプランはファミリータイプで月額2,700円から使用できるので、かなりお得にインターネットを使用することができます。(出典:http://drive-net.jp/

どれだけ使用してもこのお値段!定額制プラン(転用)

光回線とプロバイダーがセットになった「スタンダートプラン」

ファミリ― 月額4,980円、マンション 月額3,980円

プロバイダーが自由に選べる光回線のみの「シンプルプラン」

ファミリー 月額3,980円、マンション 月額2,980円

 

ライフスタイルに合わせて選べる!通信量制プラン(転用)

◎回線とプロバイダ―のセット

①    スマートアルファ

ファミリー・マンション共に月額3,980円~5,980円

②    スマートアップ

ファミリー・マンション共に月額3,480円~5,480円

③    スマートグッド

ファミリー・マンション共に月額3,200円~5,980円

◎光回線のみのプラン

ファミリー・マンション共に月額2,700円~5,700円

 

その他にも、ひかり電話、地デジサービス、リモートサポートも別途料金で利用ができるので安心ですね。

 

キャッシ―の無料サポートで解約金らくらく解決!

ひらめく人

今回はインターネットの用語で使われている解約・乗り換え・転用を中心にご説明させていただきました。現在更新月や使用年数がわからない場合、契約先のインターネット回線事業者に問い合わせると確認することができます。
契約年数、どの回線を利用しているか現在分かるようであれば、解約金や工事費の残債などキャッシーのコンシェルジュがおおよその金額で計算することも可能です。また、その解約金をかからないように代理店も紹介できるので、ぜひご相談下さい!

 

コンシェルジュ無料相談はこちら

シェアはこちらから

カテゴリ

人気記事

タグ