MENU
キャッシーどこよりもキャッシュバックがもらえるサイト

契約先で損する?得する?ネット回線をお得に契約!

パソコン

インターネットを申し込む時に皆さん何処で申込をされていますか?公式サイトからの申し込みや家電量販店で申込される方いろいろだと思いますが、契約した後に「こっちの方がお得だった!」という事もよくありますよね。そこで今回はインターネット回線の契約は何処が1番お得になるのか調べてみました!

 

①通信事業者の公式サイトからネット・電話での契約する。

インターネットを楽しむ女性

公式ホームぺージからの申し込みの場合、申し込み特典など、あまりお得で無い場合がほとんどです。しかし、公式ホームぺージからの申し込みになるので、何か疑問や質問があった場合、通信事業者に直接確認が出来るので安心です
デメリットとしては、公式ホームページの電話番号に沢山の人が問い合わせるため、電話がなかなか繋がりにくい事です。実際、私も問い合わせたい内容があった為、“お客様お問い合わせ電話番号”にかけた際、電話がなかなか繋がらず、音声アナウンス状態で30分ほど待ったり、何度も電話をかけ直したて大変だった経験があります。
また、ネットでの申し込みの場合、専門のスタッフから電話のタイミングが合わなかったり、自分で入力のみで契約出来たりするので、契約したこと自体を忘れたりしてしまう事があるようです。

 

②代理店で契約する。

「代理店ってなに?」と思う人もいるかと思います。代理店とは通信事業者と契約をも結び、取引を行う仲介業者です。例えば、賃貸マンションを借りる時に、大家さんに直接借りるのではなく、不動産と契約を行いますよね。これを代理店にあてはめると、大家さんが、フレッツ光などの“通信事業者”になり、不動産が“代理店”となります。
代理店で申し込みをする場合、キャッシュバック、月額の割引、パソコン・ゲーム・家電のプレゼントの特典があるので、お得に契約することが出来ます。
キャッシュバック率が高く、特典も豪華なので今回ご紹介する中で1番オススメの契約先となっています。デメリットとしては、通信事業者との契約の間に代理店を挟むので、時間が立つと、どこ代理店と契約したか分からなくなったりする場合がよくあります。
また、特典を受け取る為に一定の期間付けておくオプションを外し忘れていて、本来の契約よりも料金が高くなったという意見もありました。

 

③量販店で契約する。

量販店の店員

大手の量販店のパソコンコーナーなどで「パソコン購入と同時申し込みで○万円キャッシュバック」という宣伝を見たこともありますよね。このように量販店でも、インターネットの契約する事ができます。量販店に入っている販売業者は、代理店や通信事業者が直接おこなっている場合があります。
メリットとしては、直接回線について詳しく説明を受けられるので、電話やネット申し込みに比べ安心です。契約内容についても、しっかり把握して契約することが出来るので、契約内容の相違も少ないと言えます。キャッシュバックや月額料金の割引などありますが、代理店に比べ契約後の還元率は低いようです。デメリットとしては、代理店で述べた内容に加え、店舗に直接出向く手間がかかることです。

 

④訪問販売から契約する。

訪問販売の場合、通信事業者、代理店など、さまざまな訪問があります。電話やネットでの申し込みに比べ、担当の人の顔が分かり、資料で詳しく聞けることがメリットです。また、担当の人が家まで来てくれるので、量販店のように店舗に直接出向く手間がかかりません。
デメリットとしては、営業の人はほとんど外に出ている為、何か疑問があったり、対応して欲しい事があってもすくに対応が出来ないこともあります。また、直接訪問を行うので、強引に契約を迫ったりすることもあるそうです。特典に関しては、量販店や代理店に比べ契約に対しての還元率は低いといえます。

 

契約を辞めたい場合は初期契約解除制度を使う!

2016年5月から総務省より電気通信事業法で「初期契約解除制度」が導入されました。「契約したばかりだが、破棄したい!」、「いつの間にか契約になっていた」など場合は、定めた期間にはがきや書面を、事業者に送付することで解約することができます。

◎訪問販売

自宅や勤務先で契約する。

期間:書面受領日から8日間

◎キャッチセールス

声をかけられて契約する。

期間:書面受領日から8日間

◎アポイントセールス

電話や郵便物から案内があって、店舗に出向いて契約する。

期間:書面受領日から8日間

◎電話勧誘販売

電話で契約する。

期間:書面受領日から8日間

ただし、初期契約解除制度を適用した場合、契約解除までに行われたサービスの利用料、工事費用、事務手数料は契約者の自己負担となります。解約金に関しては支払う必要がありません。初期解約解除制度のとは異なりますが、通信事業者の中には「契約成立が工事完了日」と定めている事業者もあります。これは『工事が終わったら正式な契約となる』という意味になり、工事が終わるまでは”仮契約”の状態です。”仮契約”の場合、開通工事を行う前にキャンセルすることで解約金含むすべての費用は意一切かからず、契約の解約ができます。「契約成立が工事完了日」と定めていない通信事業者であれば、初期解約解除制度を適用して、解約する他ありません。

 

契約は慎重におこなう!

チェック

インターネットの契約のみで毎月の料金が安くなったり、お金やゲームが貰えたりするのは嬉しいですよね。しかし、契約によっては、特典の金額よりもはるかに高い金額を毎月支払わなければならないこともあります。契約の際は、以下の点を必ず確認して、自分にあった所で契約しましょう!

①    契約のインターネット回線名

②    インターネット回線の通常月額料金

③    付属オプション

④    契約料金又は初期手数料

⑤    工事費

⑥    解約金(何年ごとの更新なのか)

⑦    工事費の残債はどうなるのか?(残債が残っていた場合自己負担になるのか?)

⑧    支払方法を全て聞く(各支払の手数料はどうなるのか?)

⑨    いつごろ書面がどこに届くのか?

⑩    書面はどのように届くのか?

⑪    特典・割引詳細(いつ頃商品が届くのか?何月から割引適用なのか?)

「回線繋げたいけどインターネットってよくわからない・・・」と不安な方には、1番メリットがある回線をコンシェルジュがご案内しています。どんな疑問にも分かりやすく説明してくれるので安心!相談は無料なので、ぜひご活用下さい。

 

コンシェルジュ無料相談はこちら

シェアはこちらから

カテゴリ

人気記事

タグ